過敏性腸症候群 結婚 付き合う 伝え方

過敏性腸症候群の人が付き合ったり、結婚するにはどうすればいい?

 

私は30代の男です。学生の時からこの病気で、ガスと下痢に悩まされています。

 

そろそろ結婚も・・・と思っているのですが、知り合った女性との距離の縮め方や、付き合ってからの接し方で困っています。

 

例えば、一緒に食事に行くと必ずお腹が痛くなります。緊張もありますが、食べるとすぐに痛くなるんです。そのせいで落ち着きがないと思われたり、付き合ってから振られてばかりです。

 

二人で密室の空間にいるのも苦痛です。おならを我慢するので精一杯で、映画館でも楽しめませんし、ドライブもできません。

 

こんな私が結婚したり付き合うのは無理なのでしょうか?相手の方に理解してもらうためにはどうすれば良いでしょうか?これから結婚を考えるにあたって、我慢の連続なのではないかと不安になります。

 

ぜひアドバイスをいただきたいです。

 

付き合う前にカミングアウトしたほうが良い

僕としては、付き合う前から過敏性腸症候群であることをカミングアウトしたほうが良いと思います。というのも、過敏性腸症候群を隠し通して一緒に生活していくのは無理だからです。

 

僕は異性と付き合う時だけでなく、付き合う前から腹痛持ちだということを伝えるようにしていました。そのほうが自分自信も楽ですし、相手からの理解も得られやすいと思ったからです。

 

異性の前だとどうしても自分を良く見せようとしてしまいがちですが、お腹が痛くなりやすいぐらいで「この人ダサいな」と思う人はなかなかいないと思います。

 

僕は、「頻繁にトイレに行くぐらいで嫌いになられるぐらいならこっちから願い下げだ!」というスタンスなので、どんどん伝えちゃっていいと思います。

 

そもそも、彼氏や彼女が過敏性腸症候群だから別れるぐらいの関係なら、絶対に長続きしないですし・・・。そんな相手と付き合いたいと思いますか?

 

伝える時は、深刻になりすぎず

相手に過敏性腸症候群を伝えるときは、深刻になりすぎてはダメです。軽く笑うぐらいの気持ちでいきましょう。そうでないと、病気うんぬんではなく、そんなことで悩んでいるあなたの性格で嫌われてしまいます。

 

過敏性腸症候群持ちで結婚している人にも話を聞きましたが、その人曰く「そんなことを気にしてるぐらいじゃ絶対に結婚は無理」だそうです。頻繁にトイレに行っても気にしない、おならをしても何も思わないぐらいの相手じゃないと上手くやっていけないと言っていました。

 

僕もそう思います。まだ結婚してませんが、もし今から結婚することになって一緒に生活していくとなると、毎日我慢は無理ですね・・・。やっぱり心を許せる相手じゃないと続かないと思いますし、そもそも結婚まで辿り着きません。

 

ですので、まずは良いなと思う人がいたら、お腹が痛くなりやすいことを真っ先に伝えるべきです。もし相手が良い人ならそんなことで嫌いにはならず、むしろ「この人のために何かしてあげたい」と思ってくれるはずです。

 

過敏性腸症候群を治すことも視野に

過敏性腸症候群でも気にせず付き合ってくれる方と出会うのも重要ですが、過敏性腸症候群を治せるのであればそれが一番良いですよね。

 

過敏性腸症候群はなかなか治りにくい病気ではありますが、症状を軽くすることはできますし、ちゃんと時間をかければ治ります。

 

実際に僕は過敏性腸症候群を発症して10年以上悩み続けてきましたが、今ではすっかり治っていて、下痢をするのは悪いものを食べた時か、風邪を引いた時ぐらいです。

 

僕が過敏性腸症候群を治した方法はサイト内で紹介しているので、是非参考にしてみてください。

 

⇒過敏性腸症候群を治す!15年悩んだ私が実践して過敏性腸症候群を克服した方法