過敏性腸症候群 体臭

過敏性腸症候群が原因で体臭が強くなる

過敏性腸症候群になると、体臭が強くなることがあります。腸内環境が悪化し、便通異常が悪くなることでニオイの強い有害物質が発生します。

 

過敏性腸症候群には下痢型、便秘型、ガス型などがありますが、どのタイプでも体臭は強くなります。腸が活発に動いたり、腸内にある食べ物が腐敗することでガスが発生します。腸で発生したガスはおならになるだけでなく、口臭や体全体の体臭に繋がります。

 

腸にあるガスはおならとして出ることが多いですが、我慢したらどうなるでしょうか。授業中やテスト中におならがしたくなり、必死に我慢したら消えてしまったというような経験はありませんか?

 

腸内のガスはおならとして出なかった場合、腸壁から血液の中に溶けこみ、体全体に運ばれます。それが肺や汗腺などに届き、ニオイとして排出されます。つまり、我慢したおならは口や汗腺から出ることになります。

 

普段からおならの回数が多かったり、お腹に空気が溜まりやすいという場合は、口臭や体臭も強くなりがちです。

 

おならや便のニオイが強い人は注意

おならや便が臭いのは当たり前だと思っていませんか?完全に無臭の人はあまりいないと思いますが、本当に健康的な人の場合はほぼ無臭です。

 

排便して強く臭ったり、オナラをして強烈に臭う場合は、腸内環境が悪化しているサインです。

 

便やオナラが臭いということは、腸内に悪玉菌が増えている証拠です。悪玉菌が増えると、食べ物を腐敗させる力が強くなり、臭いガスがたくさん発生するようになります。その結果、便臭やおならのニオイが強くなるのです。

 

腸内環境を整える生活を始めるとまずはじめに実感するのが便です。腸内がキレイになると、便の色やニオイもキレイになります。

 

下痢も同じく体臭の原因に

便秘やガス溜まりはなんとなく体臭が強くなりそうなイメージですが、下痢も同じく体臭を強くする原因になります。

 

下痢ばかりしていると、腸内の善玉菌が減り、悪玉菌が増えます。その結果、便やおならのニオイが強くなり、次第に全身からも臭っていてしまうようになります。

 

下痢よりも便秘の方が体臭が強くなりやすいのは確かですが、快便で腸内がキレイな人と比べると、やはり下痢体質の人のほうが体臭が強くなりやすいです。

 

過敏性腸症候群のせいで脇のニオイがキツくなる

脇の下は元々汗臭が強くなりやすく、汗が出やすいところです。そのため、過敏性腸症候群で腸内環境が悪化すると、真っ先にニオイが強くなります。

 

ワキガじゃないのに脇の臭いが強くなったという場合は、腸内環境が原因かもしれません。

 

徐々に強くなる体臭は、自分で気づかないことも多いです。他人に指摘されるのは恥ずかしいですし、できるだけ早く気付きたいですよね。そういう時は、自分の便やおならのニオイをチェックしてみてください。昔よりも臭うようになった気がするなら要注意です。

 

腸内の悪玉菌を減らすだけで体臭が改善する場合も

原因の分からない体臭に悩む場合、腸内環境を改善するだけで解決してしまうこともあります。

 

腸内の悪玉金を減らすには、脂っこいものや辛いものなどの刺激物を避けたり、食物繊維の多い食事を摂るなどの食事面での改善が必須です。

 

また、乳酸菌をたくさん摂ることで善玉菌を増やすことができます。善玉菌が増えれば悪玉菌は減っていきますし、悪玉菌が減れば善玉菌が増えます。

 

腸内環境が改善すると真っ先に変化するのが便です。便のニオイが減ってくれば体臭も減ってきますから、チェックしてみてください。