過敏性腸症候群 市販薬

過敏性腸症候群に効果がある市販薬の種類と使い分け方

過敏性腸症候群を治すには長い時間がかかりますが、症状が軽かったり、急な下痢に悩まされた時は市販の薬を使うのも選択肢の一つです。

 

ですが、選び方を間違えると効果がなかったり、かえって下痢がひどくなってしまうこともあるので、正しい選び方を知っておく必要があります。

 

過敏性腸症候群の症状に影響がある主な薬の種類

  • 下痢止め
  • 整腸剤
  • 漢方薬

 

下痢止めの種類

「下痢止め」とひとくくりにしがちですが、下痢止めにも種類があり、「腸の運動を抑制するタイプ」と「腸内を殺菌するタイプ」があります。

 

腸内のぜん動運動を抑制するタイプ

腸の動きを緩やかにし、便の動きを遅くして下痢を止めます。過敏性腸症候群の方に向いている下痢止めです。

 

会議の前や試験の最中に緊張して下痢になるという方は、事前に飲んでおくことで腸の動きが緩やかになり、下痢になるのを防ぐことが出来ます。

 

緊張すると腸がキューっと痛くなりゴロゴロしますが、この時に腸が激しく動いています。それを抑えるのがこの薬の働きです。

 

ただし、食中毒や風邪などで細菌が体内にいる場合は服用してはいけません。体内に菌やウイルスが残ってしまうので、できるだけ早く体外に出す必要があるからです。

 

過敏性腸症候群の下痢はストレスで起こるものなので、止めてしまっても悪いということはありません。

 

このタイプの下痢止めではストッパが有名ですね。飲んですぐに効くので、過敏性腸症候群の方で持ち歩いているという人も多いですし、私も持ち歩いていました。

 

ただ、常用すると効きにくくなったり、副作用が出てくる可能性もありますので、最後の手段として使用するようにしましょう。

 

腸内を殺菌して下痢を止めるタイプ

このタイプの薬は腸内を殺菌して下痢を止めます。

 

過敏性腸症候群の下痢でこのタイプの下痢止めを選んでも効果がありません。過敏性腸症候群は菌のせいで下痢になっているわけではありませんから、効き目はあまり期待できません。

 

殺菌タイプの下痢止めとして有名なのは正露丸ですが、緊張して急にお腹が痛くなった時に飲んでもそれらが和らぐことはほとんどないでしょう。

 

ただ、腸内の水分を調整したりする働きはあるので、効き目はゼロではありませんが、緊急時に服用するものとしては微妙なところです。

 

整腸剤

整腸剤は文字通り腸を整える薬です。腸の働きを助ける成分と、腸内環境を整える乳酸菌が含まれている場合が多いです。(乳酸菌製剤とも呼ばれます。)

 

乳酸菌は善玉菌の働きを助けてくれるので、普段からお腹が弱い人は日常的に服用するのが良いとされています。

 

ただ、整腸剤には即効性はありません。乳酸菌を体内に取り入れてもすぐに下痢が治ったりするわけではないので、急な下痢の対処には向いていません。

 

主な成分が乳酸菌のため、子供でも服用できます。ビオフェルミンが有名ですね。

 

急な下痢には対応できませんが、普段からお腹の調子を整えておくことで、下痢になりにくくなります。ただ、整腸剤の成分は乳酸菌だけではないので、常用するのは危険という見方もあります。

 

また、整腸剤といえど、それに頼りっきりになると、服用し忘れた時などに精神的な不安に繋がり、それ自体が下痢の原因になってしまうこともあるので、常用は避けたほうが良いと思います。

 

ですので、毎日摂取するのであれば、整腸剤ではなく乳酸菌のサプリやヨーグルトなどがおすすめです。

 

漢方薬

漢方薬は自分の持っている自然治癒力を高めるのが目的です。整腸剤と同じく、飲んですぐに効果が表れるものではないので、急な腹痛の時に助けてくれるものではありません。

 

また、毎日飲み続けないと目に見えて効果が出てこないのも特徴です。一日二日飲んだからといって効き目が出てくるのではなく、1週間、2週間、場合によっては数ヶ月飲み続けてやっと効果が出てくるという場合もあります。

 

⇒過敏性腸症候群に効果がある漢方は?飲んでも効かない?実際に飲み続けた感想と効果

 

市販薬の使い分け方

私が過敏性腸症候群に悩んでいた頃は、緊急時のために水なしで飲めるストッパをいくつか持ち歩いておき、毎日整腸剤を飲んでいました。

 

腹痛は当たり前のように毎日ありました。その度にストッパを飲むのは良くないので、気休め程度に整腸剤を飲んでいましたね。「整腸剤を飲んだから腹痛は治るだろう」と思っていました。一種のプラシーボ効果です。

 

 

昔は整腸剤を腹痛の万能薬だと勘違いしていたので、お腹が痛くなったら飲めば治ると思っていました・・・。もちろん効果はなく、飲んでもすぐに我慢できなくなり、トイレに走るかストッパを飲むという生活でした。


 

重い過敏性腸症候群の場合、やはり整腸剤を飲んだくらいでは治りませんし、症状もあまり変わらないです。

 

市販薬でできることといえば、ストッパを懐に忍ばせておき、電車の中やトイレに立てない緊急時に飲むくらいだと思います。乳酸菌目的で整腸剤を飲むなら、まずは食事の改善をしたり、よりたくさんの乳酸菌が含まれるサプリなどを選んだほうが良いです。

 

ガス型や便秘型の場合は?

ガスの症状が重い場合には、ガスピタンなどの薬で対処することができます。ガスの発生を抑え、ガス溜まりを潰してくれます。

 

過敏性腸症候群の便秘の場合、便秘薬は使ってはいけません。過敏性腸症候群の便秘は、腸が痙攣を起こしているために起こっています。そのため、便秘薬を使って腸を活発に動かしてしまうと、逆効果になってしまうのです。

 

使うのであれば整腸剤程度にしておき、薬に頼らない方法で治していくしかありません。

 

ガスの症状と便秘の症状は市販薬で対処しにくいため、普段から腸内環境を整えて、ストレスを溜め込まないようにするしかありません。

 

どうしても薬でなんとかするというのであれば、心療内科で抗不安薬などの方面からストレスを対処していくことになります。