過敏性腸症候群 生活リズム

生活リズムを見なおして過敏性腸症候群を改善する

腸は自律神経によって動かされています。自律神経が乱れると下痢や便秘の症状が現れ、さらにひどくなると過敏性腸症候群になります。その自律神経を乱れさせる原因のひとつに、生活リズムの乱れがあります。

 

生活リズムの乱れは過敏性腸症候群だけでなく、あらゆる症状を引き起こします。体内のストレスが蓄積し、イライラや鬱、不安感など精神的に不安定になり、ストレスに弱くなります。

 

ストレスに弱くなるということは、過敏性腸症候群の症状も悪化するということです。小さなことも大きなストレスとして捉えてしまい、頻繁に腹痛や下痢といった症状が出てきます。

 

なぜ生活リズムが乱れると自律神経が乱れるのか?

自律神経とは、体内の様々な機能を司っている神経で、交感神経と副交感神経があります。活発に活動しているときは交感神経が優位になり、休んでいるときは副交感神経が活発になります。

 

人間は昼に動いて夜に休むようにできているので、自律神経もその通りに動きます。昼間は交感神経がONに、夜になると副交感神経がONになるのが健康な状態です。

 

正常な自律神経の働き

 

正常な自律神経は、上記のようにバランス良く交互に働きます。

 

しかし、起床の時間が遅くなったり、夜更かしで就寝時間が遅くなると、自律神経のON/OFFが正常に働かなくなり、活動中なのに副交感神経がONになったり、休むべきときに交感神経がONになったりします。これが自律神経の乱れです。

 

⇒過敏性腸症候群と自律神経の乱れについて

 

自律神経が不安定な人は精神的にも不安定になる

過敏性腸症候群の厄介なところは、どんどん悪化していき、治りにくくなることです。自律神経のバランスが乱れて下痢するようになると、今度はその下痢がストレスになってしまいます。そのストレスでまた下痢が悪化して・・・というように、悪循環になりやすいのです。

 

また、自律神経が不安定だと精神的にも弱くなります。脳腸相関という仕組みがあり、脳と腸のどちらか一方が不安定になると、もう片方にも影響が出ます。

 

最初はストレスが原因で下痢になりますが(脳→腸)、今度はその下痢が原因で腸の調子が悪くなり、脳にも影響が出て、ストレスに弱くなってしまうのです(腸→脳)。

 

脳腸相関

 

実は、過敏性腸症候群の人の多くが、自律神経失調症も一緒に発症しています。どちらも自律神経の乱れが原因になるので、併発しやすいです。

 

自律神経失調症は、頭痛やめまい、手足の震えや冷や汗などの体の症状をはじめ、不安感やイライラ、記憶力の低下といった精神的な症状も引き起こします。もちろん、下痢や便秘の症状も出ます。

 

⇒過敏性腸症候群と自律神経失調症の関係

 

 

僕も自律神経失調症です。僕は肩こりやめまい、不安感、蟻走感や金縛りなどの症状が多かったですね。他にも冷や汗が止まらない時もありましたし、息が苦しくなることもありました。

 

自律神経と過敏性腸症候群を併発すると本当に厄介で、下痢や腹痛が酷くなり、長続きするんですよね・・・。

 

ストレスにも弱くなるので、普通の人ならなんともない出来事でも、すぐにお腹が痛くなってしまうんです。


 

生活リズムが乱れるとトイレの時間もバラバラになる

過敏性腸症候群の人が、生活リズムを崩すと良くない理由はもうひとつあります。それがトイレの時間です。

 

人間には胃・大腸反射という仕組みがあり、食べると胃と連動して腸が動き、排便が行われるようになっています。特にこの働きが強くなるのが朝の時間帯です。

 

毎日起きる時間がバラバラだと、朝食の時間もズレてしまい、排便のタイミングもバラバラになってしまいます。自律神経は睡眠だけでなく食事によっても左右されますので、起床時間と朝食のタイミングはできるだけ毎日同じ時間にしましょう。

 

また、食べる日と食べない日があるのも良くないです。朝食を食べなければ下痢をしないと思っている人も多いですが、それは間違いで、食べないと腸が動かなくなり、自律神経の乱れがさらに悪化してしまいます。

 

睡眠も食事も毎日決まった時間に行うのが大切ですので、休みの日に寝すぎてしまうのも本当はあまり良くないです。2時間ぐらいなら良いですが、それ以上寝すぎてしまうと逆効果です。

 

寝溜めして平日の睡眠時間を取り戻そうとする人もいますが、それでは過敏性腸症候群は改善しません。毎日の継続がカギです。

 

日常生活とは別の運動が大切

生活リズムの改善とともに行うと良いのが運動です。軽く歩くだけでも良いので、日常的に体を動かすようにしましょう。

 

何も考えず頭のなかを空っぽにして少し歩くだけでも気分がリフレッシュできます。ストレス発散睡眠の質の向上に繋がるのでオススメです。

 

中には、「通勤時間に歩いてるし、仕事で動いてる」という人もいるでしょう。しかし、意識せず動くのはリフレッシュにならず、厳密には運動にはなりません。ダイエットなら効果がありますが、過敏性腸症候群を改善するために行う運動としては不十分です。

 

5分〜10分でも良いので、日常生活とは別に運動を取り入れると、改善までの道のりが短くなります。

 

 

生活リズムの改善や運動は、最初はあまり効果が無いかもしれません。しかし、続けることでだんだん改善されていきます。

 

過敏性腸症候群を治すのは簡単ではありませんし、効果もすぐに出てきません。体質や生活習慣によって蓄積されて発症するのが過敏性腸症候群ですから、治すのにも時間がかかります。


 

睡眠や食事の時間を一定のリズムに保つことで、自律神経も安定します。そこに運動なども取り入れればさらに効果的で、腸の動きも安定していきます。それを継続することで、過敏性腸症候群も徐々に改善していきます。

 

薬による治療も大事ですが、それ以上に今の環境や生活を見つめ直すのが重要です。身近なところからやってみてください。