乳酸菌 とりすぎ 摂取しすぎ

乳酸菌をとりすぎるとどうなる?体への影響や副作用など

 

腸内環境を考え、これから乳酸菌を始めようと思っています。

 

乳酸菌もとりすぎると体に良くないですか?限度はありますか?

 

乳酸菌はとりすぎても大丈夫

結論から言うと、乳酸菌はどれだけたくさん摂っても大丈夫とされています。乳酸菌は食品なので、とりすぎたからといって副作用が出たり、体に害が及ぶことはまずありません。

 

乳酸菌は、腸内の善玉菌のエサになります。エサとして使われない分は普通に便として排泄されるので、過度に心配する必要はありません。

 

ただ、乳酸菌によって作り出される乳酸や酢酸などの働きにより、腸の動きが良くなりすぎて下痢になってしまうことはあります。これは人によって出たり出なかったりするので、どれぐらいで下痢をするか?という明確な基準はありません。

 

例えば、ビタミン剤や亜鉛などのサプリは過剰摂取で脱毛や高血圧、免疫障害などを引き起こしますが、乳酸菌は栄養素ではないので、そういった点については大丈夫です。

 

どれぐらいが理想?

乳酸菌の摂取量の理想は、とりすぎぐらいが良いです。量で表すと、乳酸菌を含む食べ物を200g〜300gとも言われていますが、食べ物によって乳酸菌の含有量が違うので、あてになりません。

 

その人の体質や腸内環境によっても必要な乳酸菌量は変わってしまうので、ハッキリとは言えませんが、なんとなくの目安として考えるのであれば、普通に売られている小さなカップのヨーグルトで5個〜10個、場合によってはそれ以上の乳酸菌を毎日摂取するのが理想です。(1000億個以上)

 

乳酸菌以外の成分に注意

よく、「乳酸菌を摂りすぎて下痢が止まらくなった」や、「体調が悪化した」という声を聞きますが、乳酸菌の効果はそんなすぐには現れないので、乳酸菌の副作用とは考えにくいです。

 

では、なぜこのような症状が出るのかというと、乳酸菌を摂取する方法に問題があるからです。

 

乳酸菌といえばヨーグルトですが、ヨーグルトには、乳酸菌以外にも、砂糖や脂肪が含まれているため、摂りすぎは良くありません。また、乳糖不耐症の場合、下痢や腹痛などの症状も現れます。

 

つまり、乳酸菌そのものには副作用はありませんが、乳酸菌を摂取するための方法(食べ物)によって良くない症状が出てしまっているのです。これはヨーグルトだけでなく、乳酸菌飲料なども同じです。

 

おすすめの摂取方法

ヨーグルトや乳酸菌飲料からたくさんの乳酸菌を摂取しようとすると、たくさん食べたり飲んだりしなければなりません。

 

となると、冷えや乳糖不耐症による下痢や腹痛が起きやすくなりますし、砂糖のとりすぎで太ったり、健康面で害を及ぼす危険性もあります。

 

そもそも、ヨーグルトを1日に数十個も食べるのは現実的ではありませんし、健康面で何かしら影響があると考えるのは普通です。

 

ですから、たくさんの乳酸菌を摂取したい場合は、他の成分を摂らないように、サプリメントを活用するのがおすすめです。

 

サプリメントであれば、砂糖や脂肪はありませんから健康面でも安心ですし、乳糖不耐症による下痢の心配もほとんどありません。(製品によっては乳糖が含まれる場合があります)

 

⇒乳酸菌サプリのおすすめランキング