空腹 下痢

空腹時に下痢になる原因

お腹が空くと胃が収縮し、グーッやギュルギュル、ゴロゴロと音が鳴りますよね。お腹が空くとお腹が鳴るのは当たり前ですが、過敏性腸症候群の場合、これが原因で下痢をしてしまうことがあります。

 

過敏性腸症候群になると、腸に対するあらゆる刺激に弱くなります。普通の人よりも冷えに弱くなりますし、食事をとっただけで下痢をするようになったりと、名前の通り様々な刺激に「過敏」になってしまうのです。

 

⇒食事をとるだけで下痢をするのは過敏性腸症候群?

 

空腹時の刺激も同じように、下痢の原因になることがあります。お腹が空くと胃が活発に動き始めますが、この動きが腸に伝わり、ぜん動運動も活発になって激しく動き、下痢を引き起こします。

 

過敏性腸症候群の場合、1度トイレで下痢をすれば改善することが多いですが、空腹時の下痢の場合は、食事をとるまで続くことも多いです。胃が空っぽになっているために下痢を起こしているので、なにか食べないと胃が激しく動き続け、下痢が続いてしまうのです。

 

また、この空腹状態を意識するのも影響します。「お腹がすいてきたな、また下痢しちゃうかも・・・。」というように、お腹の状態を意識するせいで余計にストレスが増え、さらにひどい下痢になります。

 

食べたせいでさらに下痢をする場合も

この下痢の厄介なところは、ただ食べれば良いわけではないということです。空腹の状態で食事をとると、さらに下痢の症状が悪化する場合があります。

 

過敏性腸症候群は、あらゆる刺激に対して過敏になっている状態です。そのため、お腹が空いているからといってドカ食いしたり、重たいものを食べると胃がびっくりしてしまい、下痢になります。

 

食後に下痢になる原因のページでも書いていますが、胃・大腸反射という仕組みがあり、胃に食べ物が入ることで腸が動き、便意が起こります。空腹時は胃・大腸反射が強くなるため、下痢になりやすいのです。

 

  • 昨日は丸一日何も食べなかった
  • 最後に食べてから12時間経った
  • お腹が鳴りまくるほど空腹

 

このような状態で食事をとると下痢をする可能性が高くなります。なので、食事と食事の間隔が空いてしまったら、刺激が弱いものからゆっくりと食べるようにしましょう。

 

また、空腹の時間が長くならないように、間食をするのも下痢の予防に繋がります。

 

 

僕は、食事と食事の間が空くと、必ずと言っていいほど下痢をしていました。昼食を抜くだけで下痢になったり・・・。

 

丸一日食べない日は特にひどくて、ほぼ水下痢の状態でした。

 

なので、できるだけしっかり食べるようにはしていたんですが、食べると今度は食べた直後に下痢になるので、もう半分諦めてましたね。

 

下痢のストレスがすごすぎて、何も食べられない日もありました。