過敏性腸症候群 遺伝

過敏性腸症候群は遺伝する

親が過敏性腸症候群だからといって、子供もそれを受け継ぐか?というと答えはNOです。親が過敏性腸症候群でも、子供は過敏性腸症候群とは限りません。

 

「じゃあ遺伝しないってことじゃないか!」と思うかもしれませんが、そうとも言い切れません。実は、親やその前の世代が受けたストレスが子どもたちに遺伝することが最近の研究で分かっています。

 

つまり、親がストレスを強く受けていたり、ストレスに弱い性格だと子供にもそれが遺伝するということです。ストレスに弱い体質が遺伝するということは、過敏性腸症候群になる可能性が格段に上がるということになりますよね。

 

ですから、「親が過敏性腸症候群だと、子供も過敏性腸症候群になる可能性は非常に高い」といえます。

 

親から遺伝する過敏性腸症候群の原因

性格

性格はある程度遺伝で決まると言われています。親に性格がそっくりだと言われたことはありませんか?私の場合は父親に似ているとよく言われます。

 

わかりやすい表面的な性格はもちろん、内面的な部分や社交性などもある程度は遺伝が関わっています。親の影響を受けて明るく活発な性格に育つ子もいれば、親に似てインドア派の子もいますよね。

 

過敏性腸症候群になりやすい性格は、几帳面・生真面目・細かいことを気にする・他人の目を気にする・恥ずかしがり屋などです。

 

親から受け継がれて上記のような性格になってしまうと、過敏性腸症候群を発症する可能性が高くなります。

 

⇒過敏性腸症候群の重症度チェック

 

ストレス耐性

ストレスに対する強さも遺伝します。幸せ物質と呼ばれるセロトニンの分泌量は遺伝で決まる部分が大きく、脳内セロトニンが分泌されやすい体質だとストレスにも強く、過敏性腸症候群になりにくいです。

 

一方、脳内のセロトニンが不足すると幸福感が得られにくくなり、不安や寂しさなどの感情が強くなります。このような状態が続くと、鬱病自律神経失調症などの病気に罹りやすくなります。

 

⇒過敏性腸症候群と併発しやすい精神疾患
⇒過敏性腸症候群と自律神経失調症の関係

 

過敏性腸症候群も例外ではありません。セロトニンは過敏性腸症候群を引き起こす張本人とも言えるほど重大なものです。

 

⇒【過敏性腸症候群の原因】治療と対策、症状の違いについて

 

腸内環境

生まれたばかりの赤ちゃんの腸内に存在する細菌は、母親とほとんど同じだということが分かっています。食事や生活習慣によって、徐々に腸内環境は変化していきますが、それでも親から受け継いだ細菌の影響は受け続けます。

 

親の腸内環境が悪化していると、子供の腸内環境もそれに似てしまいます。

 

親が下痢体質だと子供も同じ下痢体質を受け継ぐので、過敏性腸症候群になりやすいのです。

 

 

僕の母は典型的な過敏性腸症候群です。そのためか、僕も過敏性腸症候群になる前からお腹はあまり強い方ではありませんでした。

 

しかも人見知りで小さなことも気になってしまうという、過敏性腸症候群になりやすい典型的な性格です。

 

今思い返してみても、よく治ったなぁという感じですね。

 


 

遺伝するかどうかは人によって違いますし、必ず体質が似るわけではありません。あくまでも、親が過敏性腸症候群の場合は発症するリスクが高くなるという話です。

 

もしも親が過敏性腸症候群で自分も思い当たるフシがあるのであれば、早めに対策したほうが良いです。重症化したら治りにくくなってしまいます。

 

⇒過敏性腸症候群を治す!15年悩んだ私が実践して過敏性腸症候群を克服した方法