過敏性腸症候群 呑気症 ゲップ

過敏性腸症候群と、ゲップがでる呑気症という病気の関係

 

過敏性腸症候群のガス型の症状といえばおならですが、人によってはゲップも症状として現れます。

 

ゲップが出る原因として考えられるものは、

 

  • 呑気症(空気嚥下症)
  • 腸内環境の悪化による有害なガスの発生
  • 逆流性食道炎

 

です。

 

この中で最も過敏性腸症候群と関係する(発症しやすい)のが呑気症です。

 

呑気症

呑気症とは、読んで字のごとく空気を飲み込んでしまう病気のことで、主にストレスが原因で発症します。

 

症状はゲップだけでなく、胸焼けやおなら、腹痛なども引き起こします。

 

なぜ空気を飲み込んでしまうのか?

呑気症の原因で最も多いのが、「噛み締め」や「ため息」などで唾液を頻繁に飲み込んでいるケースです。ストレスとの関連性が高いのもこのためです。

 

普通、ゲップというのは食べ物を食べたあとや、炭酸飲料を飲んだあとに出るものです。これは、誰しも食事中に空気を飲み込んでいるため、胃の中に空気がたまるからです。

 

しかし、不安や緊張が重なると、噛み締めやため息が増え、食事とは関係なく唾液を飲み込む回数が増えます。緊張して口の中が渇くのも、唾液を飲む回数が多くなるため、同じように呑気症を引き起こします。

 

下痢やおならの恐怖で毎日ストレスだらけの過敏性腸症候群の人は、様々な場面で無意識に唾液を飲み込んでしまっているわけです。そのせいでゲップだけでなく、おならの回数も多くなります。

 

おならが気になってそればかり考えるようになると、それがストレスとなってさらに空気がたまり、腹部膨満感(お腹がパンパンになる)や何度も何度もおならが出る原因になってしまいます。

 

このように悪循環で負のループが続くという点では、下痢型と同じです。ガス型でおならやゲップに悩んでいる人は、できるだけ考えないようにし、噛み締めないように練習したり意識して、リラックス状態を維持しましょう。難しい場合は、マウスピースを作って噛み合わせを治す方法もあります。

 

私もひどい呑気症でした

この記事を書いている私自身も、ひどい呑気症でした。同時に逆流性食道炎や顎関節症も発症していたので、呑気症になる原因はコンプリートしているような状態です。

 

逆流性食道炎の記事でも書きましたが、最悪な時は1日中ゲップが止まらず、何をしてもダメでした。原因はストレスで、人生で1番落ち込んでいる時期だったので、本当に参りました。

 

あまりにも頻繁にゲップが出るので、何秒我慢できるかを時計で計ったりもしました。頑張って我慢して1分ぐらいで、だいたい10秒〜30秒に1回ぐらいのペースでゲップが出ました。

 

今思うと、こうやって気にしているのが本当に良くないです。ゲップのことを気にしすぎてそれがストレスになってしまうので、この時にやるべきだったのはペースを計測することではなく、運動などで気分をリフレッシュさせることでした。

 

また、私の呑気症は中学生ぐらいから発症していて、特に症状が出たのはお昼ごはんの時間でした。お弁当を食べるときは必ずといっていいほど喉に詰まってむせてしまっていたのですが、これは早食いと、あまり噛まないせいで空気も一緒に飲み込んでいたからです。

 

鼻づまりもあったので、そのせいで口呼吸になりがちなのも、空気を飲み込んでしまう原因になっていました。当時は呑気症という病気があること自体知らなかったので、みんな同じようにたくさんゲップが出るものだと思っていました。

 

そんな私の呑気症は、過敏性腸症候群を治す過程で一緒に治りました。これは逆流性食道炎と同じです。特に意識していたわけではないのですが、知らないうちに治っていました。

 

このような経験からも、呑気症はストレスととても深いつながりがあると私自身感じていますし、過敏性腸症候群が私のストレスの大半を占めていたんだなあと実感しています。

 

ゲップの原因は呑気症だけではない

過敏性腸症候群とゲップの関係は呑気症だけではありません。過敏性腸症候群そのものがゲップを引き起こす場合もあります。

 

それが腸内環境の悪化によるガスの発生によるものです。便秘型やガス型に多く見られるタイプで、おならの原因となるガスがゲップとして出るケースです。

 

腸内環境が悪化すると、悪玉菌が繁殖し、アンモニアやインドール、スカトール、アミン、硫化水素、フェノールといった成分のガスを発生させます。これらのガスは体にとって有害で、腹痛の原因にもなります。

 

体にとって良くないので、ゲップやおならとして体外に排出されます。このガスを我慢したり、過敏性腸症候群を放置していると、ガスが血液に溶け込み、全身に回ります。それが原因で皮膚のトラブルや体調不良にも繋がります。

 

なので、ゲップやおならはできるだけ我慢しないようにし、原因となっている過敏性腸症候群を治すようにしましょう。

 

また、ゲップが原因で胃酸が逆流するようになると、逆流性食道炎の原因にもなります。呑気症は逆流性食道炎によっても引き起こされますが、逆流性食道炎を引き起こすこともあるので、早め早めの対処が肝心です。