過敏性腸症候群 病院

過敏性腸症候群は病院に行けば治る病気ではない

過敏性腸症候群は日本人に多い病気で、5人に1人ぐらいの割合で発症しています。しかし、その症状は腹痛や下痢、ガスと言った誰にでもある症状なので、家族などに相談しても、「ただの腹痛ぐらいで大袈裟だよ」と軽く考えられてしまい、一人で悩むことが多い病気です。

 

一人で悩んでいても治りませんし、むしろ精神的なストレスで悪化してしまいます。ですから、気になる症状が現れたらまずは医師に相談しましょう。

 

「ただの腹痛や下痢で病院に行ってもいいんですか?」という声を聞くことがありますが、全く問題ありません。症状があるなら恥ずかしがらずに病院にいっても大丈夫です。まずは自己診断なども試してみましょう。

 

⇒過敏性腸症候群の重症度チェック

 

 

僕が初めて病院に行った時に、先生から「最近過敏性腸症候群が増えてて受診する人も多い」と言われました。

 

それが10年ぐらい前のことなので、今ではもっと増えていると思います。恥ずかしがらずに病院に行けば安心できますよ。


 

病院に行ってすぐに治る病気ではない

誤解されがちなのですが、過敏性腸症候群は病院に行けば簡単に治る病気ではありません。風邪や怪我であれば一定期間で治りますが、過敏性腸症候群はとても厄介な病気で、薬を飲んだりしても治るとは限らないのです。

 

なぜなら、原因がストレスや不規則な生活習慣による自律神経の乱れだからです。病院で検査を受けて過敏性腸症候群だと分かっても、そこから治るかどうかは患者さんの努力次第です。

 

⇒【過敏性腸症候群の原因】治療と対策、症状の違いについて

 

過敏性腸症候群の治療では、ストレスを軽減する薬や、腸の働きを抑える薬などを使います。これらを使っても、患者さん自身が毎日の生活を改めないかぎり治ることはまずありません。

 

また、生活を改めても1日や2日で変わるものではなく、それを長期間続けることで徐々に自律神経が安定していき、下痢や腹痛が治っていきます。

 

自律神経がどれぐらいの時間で安定するのか?については、患者さん自身の努力と生活環境、性格など様々な要因が絡み合っているため、全く分かりません。人によっては1ヶ月ですっかり治ってしまうこともあれば、数年間薬を飲み続けても治らないこともあります。

 

また、ストレスの原因を取り除かない限り治らないケースもあります。毎日規則正しい生活や健康的な食事をしていても、ストレスの多い職場や学校生活を続けていたら治る可能性は低くなってしまいます。日本人の過敏性腸症候群が多いのも、これが大きな原因だと言われています。

 

 

僕も何度か病院に行って、その都度お薬を貰いましたが全然治りませんでした。

 

症状が悪化すると、ストレスがない場所に変わっても下痢や腹痛が続くようになってしまうので、早めの対処がとても重要だと思います。

 

僕の体験談も読んでみてくださいね!


 

手術で治すこともできない

大腸がんやクローン病、潰瘍性大腸炎であれば、大腸を取り除く手術なども行いますが、過敏性腸症候群は腸そのものに異常があるわけではないので、外科手術で治すこともできません。

 

病院に行かなくても治る

過敏性腸症候群は、実際に腸内を検査しなければ確定できません。ですから、必ず1度は病院に行かなければなりません。ですが、病院に通わなくても過敏性腸症候群は治すことができます。

 

過敏性腸症候群の原因のページでも詳しく解説していますが、原因はストレスによる自律神経の乱れです。これは本人の生活習慣の改善や、食事の改善、環境の変化でどうにでもできます。

 

重症度や性格によっては心療内科などでカウンセリングを受けたり、お薬を貰う必要もありますが、そうでない限りは自分自身でも治すことが出来ます。

 

これはあくまでも筆者である私の場合ですが、病院に通って薬を貰っても全く治りませんでしたし、症状が軽くなったりもしませんでした。それが何度も続いたので途中で諦めてしまったのですが、数年後に自分自身で色々試してみたところ、徐々に良くなっていきました。

 

ですから、過敏性腸症候群が治るかどうかは、病院に行っているかどうかではありません。病院に行って治る場合もありますが、ずっと通っているのに治らない、良くならないという場合は、別の方法を試したりするのも良いと思います。

 

⇒過敏性腸症候群を治す!15年悩んだ私が実践して過敏性腸症候群を克服した方法

 

これから過敏性腸症候群の治療を始めようと思っている方へ

このページを読んでいる方は、「病院に行けば治ると思っていたのに」と思うかもしれません。過敏性腸症候群の症状はとても単純ですが、治すのはとても難しいんだそうです。実際私も経験して、本当に治りにくく、長い間苦しみました。

 

病院に行ったからといってかならず治るわけではありませんが、薬が合えば下痢が治まって、ストレスも減り、改善します。私の周りでも「あの薬は効果があった!」とか、「あの薬は私にはダメだった」という声をよく聞ききます。

 

病院に行けばかならず治るというわけではありませんが、治る可能性はあります。ですから、まずは医師に相談して薬を貰い、相談しながら治療法を選んでみてください。