過敏性腸症候群 便 色

過敏性腸症候群で便の色がおかしい時に考えられる原因

過敏性腸症候群になると、便秘や下痢などの便通異常が目立つようになりますが、腸内環境が悪化することで便の色にも変化が現れるようになります。

 

便の色は食べたものでも大きく変わりますが、重い病気が潜んでいる可能性もあります。特に腸の病気は便から見つかることも少なくありません。

 

黒い便

黒い便が出る原因

  • 出血
  • 食べ物の影響
  • 腸内環境の悪化

 

出血

最も怖いのが出血による黒い便です。胃や十二指腸、大腸から出血すると、便に血が混じり黒くなります。

 

便の色が黒くなるのは、便が肛門に到達するまでに酸化したからです。食べたものが完全に消化される前に血がまじるため、便が部分的に黒くなることはあまりなく、全体的に真っ黒になったり、こげ茶色っぽくなることが多いです。

 

また、ネバネバしていたり柔らかかったりと、形も通常の便とは異なることが多いです。

 

 

あくまでも多いか少ないかという話ですので、部分的に黒くても検査を受けるほうが懸命です。何もなければ安心できますし、少量でも出血していたら大変ですので・・・。


 

便に血が付いている場合

便に血が付着していたら、肛門付近での出血が疑われます。痔で大量に出血したことも考えられますが、大腸の肛門に近い位置での出血ということもありますので、検査をしたほうが良いでしょう。

 

過敏性腸症候群の場合、普段から下痢や便秘で肛門に負担がかかるため、痔になりやすくなっています。特に下痢は腸液によって肛門に小さな傷が沢山ついていますから、切れ痔になりやすく、出血することも多いです。

 

とはいえ、便に血が付着するほどの出血はさほど多くはありません。ティッシュに少量程度なら痔の可能性が高いですが、経験がないほどの量でしたら1度病院で診てもらったほうが良いでしょう。

 

食べたものの影響

2日〜3日前に食べたものの影響で便が黒っぽくなったり、黒に近い焦げ茶になったりすることがあります。アサイーやブルーベリー系の果物、ワカメ、ほうれん草、イカスミなどを沢山食べると、次の日以降の便の色が変わります。

 

特に深緑色の食べ物は黒っぽく見えやすいです。便器の中を見て焦るかもしれませんが、しっかり確認すると黒ではなく緑だったり、焦げ茶だったりします。

 

 

僕も昔に赤黒い便が出て焦ったことがあります。アサイーとブルーベリーがミックスされたジュースを飲んでいた事を思い出し、次の日に確認したら普通の色になってました。

 

他にも、お腹を壊すたびに黒い粒々が混じっていることがあって、血のかさぶた?のようなものだと思って心配になったこともあります。

 

毎日のように下痢をしていて、そのたびに黒い粒が入るので「変な病気かも・・・」と本気で心配になったのですが、よく確認したらあらびきの黒胡椒でした。

 

汚い話で申し訳ないのですが、、、食べ物がそのまま出てくることって結構あるので、心配になる前にしっかりチェックしたほうが良いと思います。


 

腸内環境の悪化

便秘や水分不足が続くと、便の水分量が減り、だんだん色が黒っぽくなります。真っ黒になることはありませんが、かなり濃い焦げ茶色になるので、光の加減によっては黒くみえるかもしれません。

 

また、悪玉菌の量が増加することでも便の色は濃くなります。腸内の腐敗が進むため、ニオイも強くなります。

 

白い便

白い便が出る原因

  • ウイルス
  • 肝臓などの病気

 

消化不良やバリウムを飲んだ日は便の色が白くなることがありますが、どちらかというと混ざる感じで真っ白な便にはなりません。

 

ウイルス

ウイルス性胃腸炎にかかると、便の色が白くなることがあります。中でも有名なのがロタウイルスです。

 

ロタウイルスは白い便で下痢になります。お米のとぎ汁のような水下痢が特徴です。

 

肝臓やその周辺の病気

便が白くなるということは、便に色を付ける胆汁が正常に届いていないということになります。何らかの原因で胆汁が分泌されなかったり、作ることができていないと、便は白いまま排出されます。

 

急性肝炎や肝臓がん

肝臓の機能が低下すると、胆汁が作られなくなるため、便の色が白くなります。肌が黄色っぽくなったり(黄疸)、だるい、微熱などの症状が出ます。

 

胆石症や胆管がん

胆汁を運ぶための管が詰まってしまうため、胆汁が腸まで届かなくなり、白い便が出ます。

 

すい臓がん

すい臓がんは肝臓の近くにある臓器で、腫瘍ができると胆管を圧迫します。その結果、胆石症と同じように胆汁が管を通ることができなくなるため、便が白くなります。

 

 

僕が小学生だった頃、便が白に近い灰色になったことがあります。便はコロコロした小さめの便で、全体が灰色でした。

 

変なものを食べた記憶もなく、かなり焦ったのですが、当時は肝臓の機能が低下していたのでしょうか・・・。2日ほど様子を見たら元に戻りましたが、何が原因だったのかは未だに分かりません。


 

緑色の便

緑色の便が出る原因

  • 胆汁の出過ぎ
  • 腸が弱っている
  • 食べ物の影響

 

胆汁の出すぎ

肝臓が悪くなると黄疸になりますが、黄疸とは、胆汁にも含まれるビリルビンという色素が血中に増えた状態です。このビリルビンが増えすぎると黄疸になり、肌の色が変化しますが、便の色も緑色に変化します。

 

ビリルビンは酸化すると緑色になるため、便が緑色になった時は何らかの原因でビリルビンが増えたといえるでしょう。

 

考えられる原因

急性肝炎、慢性肝炎、肝臓がん、黄疸、アルコール性肝炎など

 

腸が弱っている

腸が弱っていても便が緑色になる場合があります。便の色素となるビリルビンは、十二指腸で分泌された後、大腸で再吸収されます。その結果、便の色が茶色くなるというわけです。

 

しかし、腸が弱って吸収率が減っていると、ビリルビンが十分に吸収されず、便の中にたくさんのビリルビンが残ってしまい、便の色が緑色になることがあります。

 

赤ちゃんの便が緑色になりやすいのもこのためです。数日間様子を見て元の色に戻るなら問題ありませんが、なかなか元に戻らない場合は病気が原因となっている可能性がありますので、1度診てもらった方が良いでしょう。

 

食べ物の影響

緑色の食べ物をたくさん食べたり、スムージー中心の生活を送ったりしていると、便の色が全体的に緑っぽくなることがあります。

 

この場合は野菜の過剰摂取と言えるでしょう。バランスの良い食事にして、、色とりどりの食材を取り入れるようにしましょう。

 

健康的な便の色とは?

健康的な便の色は黄色です。腸が綺麗な人は色も形もバナナのような便です。

 

下痢ばかりしていると腸内に留まる便がなくなるので、黄色っぽかったり肌色っぽい下痢が出ることもあります。色という視点から見ると確かに健康的ではありますが、下痢の場合はまったく別です。普通の形をして茶色い便の方がまだ健康的だといえるでしょう。

 

色は黄色っぽいほうが健康的ですが、形も同じぐらい重要です。毎日のように下痢や便秘をしていて、便の色や形、ニオイが普段と違う場合は、腸の健康を気遣ってあげてください。